スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

Mercurial

バージョン管理ツールについて調査している中で、
Mercurial(マーキュリアル)の名前が良く出てきたため、概要をまとめておく。

Mercurialとは、
実装言語がPythonで、バイナリdiffのみC言語で実装された、
クロスプラットフォームの分散型バージョン管理システムである。
ちなみに、Mercurialはコマンドラインプログラムであり、
全てのコマンドは hgで始まる。
これは英: mercuryが水銀を意味し、その元素記号がHgであることに由来する。


Mercurialの特徴を下記にあげる。
・Gitを参考に作成されたが、Subversionのコマンド体系に良く似ているため、
 Subversionを利用したことがある方は似たような使い勝手を提供しているので
 比較的簡単に使うことが出来る。
・履歴を書き換える必要がある時のために、collapse、histedit、MQ といったエクステンションがあり、
 この機能をコアの外においておくことにより、
 準備が整う前に新しいユーザーが誤って使用してしまうことを防ぐことができる。
・ Eclipse、SourceTree、TortoiseHg等と連動することによって、
 グラフィカルインタフェースを使用して作業することもできる。
・Windows ユーザーを大切にしており、
 完全なクロスプラットフォームであることにとても気を使っているため、
 Windows マシン上で、ソースから Mercurial のコアを作成して、
 事前にパッケージ化されたバイナリーに依存することなく使用できる。
・コマンドラインインターフェースを呼び出すシェルスクリプトを書くことで、
 Mercurial を容易に拡張することができる。
・hg serveコマンドを使用して、他の人たちがブラウザーで閲覧したり、
 プルできるウェブサーバーをローカルコンピューター上で起動することができる。
・大きな開発プロジェクトでもストレス無く利用できる高速性を保つことができる。


Mercurialは、Subversionの操作に慣れていて、
分散型バージョン管理ツールを初めて使用する人には良さそうだ。
関連記事
スポンサーサイト



  

コメント

非公開コメント

ありがとうございました♪

急なお礼で困惑させているかもしれないんですが…(汗)サトリヒロシさんのブログ見させてもらって、下にばかり落ちてく気持ちを止めることが出来たというのか
気がついたら少し上向きになった気がしました。
良い言葉が出て来ずもどかしいのですが感謝してます。
厄年ではないはずなのに悪い事ばかり降りかかりため息ばかりの日々を過ごしていて
少しでも気分転換になればとブログのお散歩してたんですがだいぶ心が軽くなりました。

素敵なブログを書かれているサトリヒロシさんに今の悩みを聞いて頂けたらなとふと思い、勇気を出してコメントさせてもらいました。

突然でご迷惑ならすみません。
聞いてもらえるだけでいいので連絡してもらえませんか?
検索フォーム
プロフィール

サトリヒロシ

Author:サトリヒロシ
ビジネスを重視した企画を支援したいエンジニアが、何かを書こうとするブログです。

サトリ潜伏先
サトリ倉庫

WEB関連の技術で調査リクエストがあればご連絡ください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。