スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

SourceTree

SourceTreeが気になるので調査した。

SourceTreeとは、
Mac OS X用に開発されていた無料のGit/Mercurialのクライアントアプリケーションで、
GUI(Graphical User Interface)による直観的なバージョン管理の操作ができる。
また、2011年10月に「JIRA」「Bitbucket」で有名なアトラシアンに買収され、
Windows用の正式版が2013年6月に公開された比較的新しいツールである。
Windows版のSourceTreeは、
Mac OS X版と同様に直観的なGit/Mercurialリポジトリの操作が可能なので、
初心者がGit/Mercurialを使うには、非常に便利なツールである。


SourceTreeの特徴を下記にあげる。
・コミット履歴をグラフを使用して分かりやすく表示できる。
・ブランチ上の[Uncommitted changes]を選択すれば、
 ファイルの更新情報や、どのファイルがインデックスに登録されているか、一目で確認できる。
・コミットグラフのブランチからマージする位置を選んで簡単にマージできる。
・コミットグラフからリベースするブランチのコミットを選択するだけで、
 コミットの分岐元を付け替えることができる。
・リモートブランチの自動フェッチ機能を持っており、
 リモートリポジトリの変更があった場合、リビジョンツリー上で簡単に把握できる。
・git-flowで扱うブランチにも対応しており、玄人向けにも満足のいく機能を使用できる。


SourceTreeは、初心者が使いやすく、Gitが持つ構成管理を効率よく覚えられるツールのようなので、
試しに使用してみようと思う。
関連記事
スポンサーサイト



  

コメント

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

サトリヒロシ

Author:サトリヒロシ
ビジネスを重視した企画を支援したいエンジニアが、何かを書こうとするブログです。

サトリ潜伏先
サトリ倉庫

WEB関連の技術で調査リクエストがあればご連絡ください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。