スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

Bitbucket

Bitbucketをよく使うので概要をまとめておく。

Bitbucketとは、
アトラシアンが運営している、Djangoフレームワークを用いてPythonで書かれた、
ソフトウェア開発を主としたプロジェクトに使用するための、
バージョン管理ツールで、リポジトリを預かってくれるホスティングサービスである。
また、商用プランと無料アカウントの両方が提供されており、
無料アカウントでもプライベートリポジトリを無制限に持つことができる。


Bitbucketの特徴を下記にあげる。
・GitHubに似たサービスだが、GitHubは使用するバージョン管理システムとして
 Gitのみに特化しているのに対し、BitbucketはMercurialやVCSに対応している。
・GitHubに比べ日本語の資料は少ないが、少しずつ増え始めている。
・接続できるユーザー数が課金基準となっており、無料アカウントでも、
 5ユーザーまでであれば、非公開リポジトリの数は無制限となっている。
・TwitterやFacebook、GitHub等の外部アカウントからでもサインアップできる。
・課題の管理ツールとして、Issue trackingを使用することができる。
・共有よりもプロジェクト管理に重視した設計のため、アクティビティログが最初の画面となっている。
・リポジトリに好きなアイコンが設定できる。
・Bitbucket上でのクローン操作(fork)を行って、リモートリポジトリを複製することもできる。


Bitbucketの基本的な使い方を下記にあげる。
・Bitbucketアカウントを作成する。
・Bitbucketにログインする。
・リモートリポジトリを作成する。
・リポジトリをクローンして、ローカルリポジトリを作成する。
・自分の変更を他のリモートリポジトリにプルリクエストを行い、
 権限を持っている人が許可を出すことで、自分の変更をインポートすることができる。

関連記事
スポンサーサイト



  

コメント

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

サトリヒロシ

Author:サトリヒロシ
ビジネスを重視した企画を支援したいエンジニアが、何かを書こうとするブログです。

サトリ潜伏先
サトリ倉庫

WEB関連の技術で調査リクエストがあればご連絡ください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。