スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

AppleのXcode

AppleのXcodeについて調べてみました。

Xcodeは、
AppleがMac向けに配布・提供しているソフトウェアを開発するための統合開発環境であり、
Mac OS X v10.3と共に2003年にAppleから紹介されたソフトである。
また、Macintosh (OS X) にて、
Mac OS XあるいはiOS用のアプリ開発する場合に必要になるソフトである。

機能としては、
主に、プロジェクト管理、ソースコード編集、コンパイル、デバッグ等がある。

使用できるプログラミング言語には、
C、C++、Objective C++、Java、AppleScript等がある。

ユーザインタフェースを作成するために使用するグラフィカルツールのInterface Builderを
使用して開発することで、
簡易なテキストエディタなどがあれば一行のコードも書く事なく簡単なソフトを開発することができる。

Xcodeを使用する上での利点を下記にあげる。
・Interface Builderを利用することで、
 サンプルプログラムに必要なオブジェクトを視覚的に配置することができる。
・Interface Builderのオブジェクトとプログラムのソースをドラックアンドドロップして、
 アクション時の動作を簡単に紐付ける事ができる。
・ボタンやラベルをInterface Builderに配置するだけで、
 自動的に処理がXML形式で、storyboardに生成、格納が行われる。
 そのため、ボタンやラベルのグラフィカルユーザインタフェースを簡単に構築することができる。
関連記事
スポンサーサイト



  

コメント

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

サトリヒロシ

Author:サトリヒロシ
ビジネスを重視した企画を支援したいエンジニアが、何かを書こうとするブログです。

サトリ潜伏先
サトリ倉庫

WEB関連の技術で調査リクエストがあればご連絡ください。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。