スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

バージョン管理ツール「Git」

注目されているバージョン管理ツール「Git」について書いてみた。

バージョン管理ツールは「Subversion(SVN)」「Git」を始め数多くあり、
現在主流で使用されているのは、SVN、Perforce等だが、最近はGitを導入する開発現場が増えている。

Gitの特徴は、「分散型」と呼ぶアーキテクチャーを採用していることだ。
SVNを始めとする現在主流のツールは、「集中型」のアーキテクチャーである。
集中型のバージョン管理ツールでは、リモートリポジトリーひとつで管理するため、
開発者は、リモートリポジトリーからローカルにファイルをダウンロードして、
ファイルを修正後、リポジトリーに修正ファイルを反映させる操作「コミット」を実行する。
それに対して、分散型のバージョン管理ツールでは、複数のリポジトリーが存在することが特徴であり、
開発者は、リモートリポジトリーからローカルにリポジトリー丸ごと複製を行い、
ローカルリポジトリーにて、集中型のバージョン管理ツールと同様の操作を行ってから、
変更内容をローカルリポジトリーからリモートリポジトリーに反映させる操作「プッシュ」を実行する。

また、Gitは、ローカルにリポジトリーを複製して操作を行うため、下記の特徴がある。
・リモートリポジトリーにアクセスすることなく差分の表示や状態の巻き戻しが出来る。
・ブランチ切り替え操作が「checkout」コマンドひとつで即座に行える。
・ローカルでコミットを行うため、
 こまめにコミットを実行しても他の開発者に影響を与えずに作業できる。
・開発の形態や規模に合わせて柔軟にリポジトリーを作成することができる。
しかし、一定の運用ルールを定めないで開発を行うとプッシュを行う時に競合が起きる可能性は高くなるので、
Gitを導入するなら、運用ルールやワークフロー等を定めて、開発を進めることが重要である。

アプリケーションをスピーディに開発することを求めるなら、
効率よく柔軟なソースコード管理が行えるGitを一度試してみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



  

コメント

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

サトリヒロシ

Author:サトリヒロシ
ビジネスを重視した企画を支援したいエンジニアが、何かを書こうとするブログです。

サトリ潜伏先
サトリ倉庫

WEB関連の技術で調査リクエストがあればご連絡ください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。