スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

KizAPIとTwitterAPIをmashupしてみた

KizAPI(きざっぴ)とTwitterAPIをmashupしてみた。

2014/06/18 API v1.0からv1.1への移行に伴い、記事を更新しました。

KizAPIというのは、日本中のブログ記事の中から、そのタイミングで人気のある単語を教えてくれるウェブサービス「kizasi.jp」が提供しているAPIだ。今回はKizAPIで公開されているランキングAPIを利用して、その時点で人気のある単語上位10位分を取得し、その単語についての最近のTweet5件分をTwitterから取得して一緒に表示するというWEBページをPHPを使用して作ってみた。

以下はソースコードの例になる。

 // kizAPI(きざっぴ)からランキングを取得する
 $kizapi_query = "http://kizasi.jp/kizapi.py?type=rank";

 $kizapi_xml = simplexml_load_file($kizapi_query);

 $item_list = $kizapi_xml->channel->item;

 $return_list = array();

 $kizapi_key = 1;

 foreach ($item_list as $key => $value) {
  if ($kizapi_key <= 5) {
   // タイトル取得
   $return_list[$kizapi_key]["title"] = (string)$value->title;
   // 該当するツイートを取得する
   $key_word = $return_list[$kizapi_key]["title"];
   $rpp = TWEET_LIMIT_COUNT;
   $tweet_list= getTwitterSearchResult($key_word, $rpp); // ツイート取得!
   $return_list[$kizapi_key]['tw_list'] = $tweet_list['statuses'];
   $kizapi_key++;
  } else {
   break;
  }
 }

上記のPHPコードで取得できる情報をHTML内に書き出す。

以下にサンプルを用意した。
KizAPIから取得したランキング結果ごとに、TwitterAPIからTweetを取得する


  
KizAPI(きざっぴ)とTwitterAPIをmashupしてみた。

下記、過去の記事です。

KizAPIというのは、日本中のブログ記事の中から、そのタイミングで人気のある単語を教えてくれるウェブサービス「kizasi.jp」が提供しているAPIだ。今回はKizAPIで公開されているランキングAPIを利用して、その時点で人気のある単語上位10位分を取得し、その単語についての最近のTweet5件分をTwitterから取得して一緒に表示するというWEBページをPHPを使用して作ってみた。

以下はソースコードの例になる。

 // kizAPI(きざっぴ)からランキングを取得する
 $kizapi_query = "http://kizasi.jp/kizapi.py?type=rank";

 $kizapi_xml = simplexml_load_file($kizapi_query);

 $item_list = $kizapi_xml->channel->item;

 $return_list = array();

 $kizapi_key = 1;

 foreach ($item_list as $key => $value) {
  if ($kizapi_key <= 10) {
   // Twitterからメッセージを取得する
   $return_list[$kizapi_key]["title"] = $value->title;
   $twitter_query = "http://search.twitter.com/search.atom?q=" . urlencode($value->title) . "&rpp=5";
   $twitter_xml = simplexml_load_file($twitter_query);
   $inner_key = 1;
   foreach ($twitter_xml->entry as $twitter_key => $twitter_value) {
    if ($inner_key <= 5) {
     $return_list[$kizapi_key]["list"][$inner_key] = htmlspecialchars($twitter_value->title);
     $inner_key ++;
    } else {
     break;
    }
   }
   $kizapi_key++;
  } else {
   break;
  }
 }

上記のPHPコードで取得できる情報をHTML内に書き出す。

以下にサンプルを用意した。
KizAPIから取得したランキング結果ごとに、TwitterAPIからTweetを取得する
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
非常に参考になる情報をありがとうございます。
さっそくテストさせていただきましたが・・・。
日本語を含むランキングの検索がTwwiterAPIでできないようですが、サンプルではいかがされているのでしょうか?。

Re: No title

> こんにちは。
> 非常に参考になる情報をありがとうございます。
> さっそくテストさせていただきましたが・・・。
> 日本語を含むランキングの検索がTwwiterAPIでできないようですが、サンプルではいかがされているのでしょうか?。

はじめまして。サトリヒロシです。
たしかに、TwitterのランキングAPIを使用した場合、英単語が上位を占めてしまいますね。
サンプルのランキングではkizasiという日本のサイトからランキング情報を取得しています。
kizasiは国内のブログで人気のある単語を教えてくれるWEBサイトで、APIも公開しています。
他にも、Yahoo! Japanには検索に使用された単語のランキング上位を教えてくれるAPIがあります。日本語で人気のある単語を取得したい場合には候補になりそうです。今後、こちらのブログでも実際にYahoo!のAPIを使用する方法を公開しようと考えています。

kizasi.jp
http://kizasi.jp/
検索フォーム
プロフィール

サトリヒロシ

Author:サトリヒロシ
ビジネスを重視した企画を支援したいエンジニアが、何かを書こうとするブログです。

サトリ潜伏先
サトリ倉庫

WEB関連の技術で調査リクエストがあればご連絡ください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。