スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

KizAPIとGoogleBooksAPIをmashupしてみた

以前の記事「KizAPIとTwitterAPIをmashupしてみた」の応用として、
KizAPI(きざっぴ)とGoogleBooksAPIをmashupしてみた。

GoogleBooksAPIには1日のアクセス制限があるため、
抵触しないよう、内部で定期的にランキングと書籍情報を収集した後、画面に表示している。

以下はソースコードの例になる。

 // ---------------
 // Google用外部ライブラリ読み込み
 // ---------------
 set_include_path(dirname(__FILE__).'/../Lib/google-api-php-client/src/' . PATH_SEPARATOR . get_include_path());
 require_once ('Google/Client.php');
 require_once ('Google/Service/Books.php');
 require_once ('Google/Http/Batch.php');
 // ---------------
 // Google Books API 問合せ準備
 // ---------------
 // 準備
 $client = new Google_Client();
 $client->setApplicationName("Client_Library_Examples");
 $apiKey = $google_conf['api_key'];
 $client->setDeveloperKey($apiKey);
 $service = new Google_Service_Books($client);
 $client->setUseBatch(true);
 $batch = new Google_Http_Batch($client);
 // 検索条件設定
 $optParams = array(
  'filter' => 'ebooks',
  'maxResults'=>$disp_count_book,
  'orderBy'=>"relevance",
 );
 // リクエストデータ作成
 $req{$kizapi_key} = $service->volumes->listVolumes($keywords[$kizapi_key], $optParams);
 $batch->add($req{$kizapi_key}, "rank".$kizapi_key);
 // リクエスト送信と結果取得
 $results = $batch->execute();


以下にサンプルを用意した。
KizAPIから取得したランキング結果ごとに、GoogleAPIから書籍情報を取得する


  
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

サトリヒロシ

Author:サトリヒロシ
ビジネスを重視した企画を支援したいエンジニアが、何かを書こうとするブログです。

サトリ潜伏先
サトリ倉庫

WEB関連の技術で調査リクエストがあればご連絡ください。

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。