スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

WinScp

WinScpを何となくで使用しているため、機能や概要について調査してまとめた。


WinScpは、
チェコ出身のMartin Prikrylによって作成され、オープンソースとしてMicrosoft Windows上で動作する、SSHを利用してファイルを暗号化しコンピューター間でファイル転送を行うアプリケーションソフトウェアである。
また、プログラム内部ではPuTTYを利用してSSHの利用を実現していて、SSHの機能のうちSCP (Secure copy) とSFTPサブシステムを利用することができ、FTPSサーバへの接続も可能である。


WinScpの特徴を以下にあげる。
・2010年、マルウェアGumblarによってPC内のFTPアカウント情報を窃取される問題が起きたとき、
 当時の最新版はパスワードのAESによる暗号化やマスターパスワードをすでに採用しており、
 利用者による多大な被害は免れた。
・GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ベースなのでマウスで簡単に操作ができ、
 パソコンとサーバ間の通信を暗号化(RSA,DSA等)するため、
 安全なファイルのコピー(ファイル転送)等が利用できる。
・多言語対応しているため、多くの国で利用されている。
・豊富な設定オプションとともに二つのプログラムインターフェイスがあるので、
 好みのユーザーインターフェイスを選択することができる。
・選択可能な二つのプログラムインターフェイスのうち一つでは、
 ローカルコンピューターのファイル管理までも可能である。
・SFTPやSCPサービスでSSHサーバーやFTPサーバーに接続して、
 リモートコンピューターに接続することができる。
・ダウンロードやアップロードといった、ファイルに対する基本操作すべてができるため、
 ファイルやフォルダーの名前の変更をしたり新しいフォルダーを作成したり、
 ファイルやフォルダーのプロパティを変更、シンボリックリンクやショートカットの作成なども可能である。
・SSHのパスワード認証だけでなく、キーボードインタラクティブ認証、
 公開キーによる認証、ケルベロス認証をサポートしている。



  
スポンサーサイト

ID Manager

ID Managerの概要や機能を調査した。


ID Managerは、
インターネット上のサービスで発行されるIDやパスワードを安全で簡単に
一括管理することができるソフトウェアである。


ID Managerの特徴を以下にあげる。
・登録制サイトのURL、ID、パスワードなどの組み合わせを登録して一括管理できる。
・ワンクリックでサイト上の入力ボックス内へパスワードをコピーする機能があるため、
 Webブラウザーでサイトを開いたときにボタンを1つ押すだけで
 入力フォームにIDやパスワードを自動入力することができる。
・文字種と文字数を指定してランダムな文字列を生成するパスワード生成機能がある。
・マスターパスワードを1つ覚えておけば、
 記録しておいたすべてのIDとパスワードをすぐに取り出せるようになる。
・保存したパスワードは暗号化されているため、万が一データが流出しても、
 被害が最小限に抑えられる。
・管理するユーザーを複数登録することができる。
・各パスワードにコメントなどをつける機能があるため、
 何に使用するパスワードなのか直ぐに確認することができる。
・URLを登録しておけば、クリックひとつで指定のサイトを開くことができる。
・ユーザー情報をエクスポートする機能があるため、
 簡単にユーザー情報を別端末に移行することができる。
・FTPサイト設定をすると、保存したデータをファイル転送できるので、
 手元にパスワードデータがなくてもFTPサーバー上にアップロードしておき、
 必要な際にダウンロードすればどのパソコンを使っても、
 ID Managerを使ってID・パスワードを利用できる。
・表示フォントの変更が可能なため、自分の見やすいフォントを使用することができる。 
・日本語以外にも英語、中国語(繁体字)での表記変更ができる。



  

Confluence

Confluence(コンフルエンス)について、一部の機能を何となくで使用しているため、他の機能や概要を調べた。


Confluenceは、
AtlassianがJava言語で開発・販売を行っている、
主にビジネスで使用されるWebベース企業向けウィキである。
また、クライアントソフトウェアとしてもホスティングサービスとしても販売されていて、
所有権のあるライセンスではあるが、非営利団体やオープンソースプロジェクトであれば無償ライセンスプログラムを利用できる。


Confluenceの特徴を以下にあげる。
・情報共有や文書管理を一括で行うことが出来るため、
 組織内の情報共有を手軽に素早く行うことができる。
・90カ国、6,700以上の団体で使用されていて、有名な顧客として、Adobe Systems、
 Sun Microsystemsなどがある。
・他のウェブサイトからConfluenceのページにウェブウィジェットを埋め込むための
 ウィジェットコネクターが利用できるため、外部のウェブサイトからでもアクセスできる。
・それぞれのコンテンツについて、コメントの入力、ディスカッション、
 内容のレビュー依頼などを行うことができる。
 また、ページのコンテンツに関するディスカッションは、
 後からこのコンテンツの作成プロセスを知る事もできる。
・参照権限を柔軟に設定できるため、コンテンツを安全に、必要な人のみに公開することができる。
・社外向けの情報を、管理、公開できるため、
 ソフトウェアやツールを販売・サポートをしてる場合、インストール手順やログイン手順、
 その他基本的な操作ガイド等のコンテンツを社外と共有することが可能になる。
・「Confluence Team Calendars」という個人のカレンダーを共有して、
 チームのスケジュールを統合的に管理できるアドオンがあり、
 管理者がチームのスケジュールを細かく把握することができる。
 また、OutlookやGmailとの統合も可能なため、既存の利用者の移行もスムーズに進められる。



  
検索フォーム
プロフィール

サトリヒロシ

Author:サトリヒロシ
ビジネスを重視した企画を支援したいエンジニアが、何かを書こうとするブログです。

サトリ潜伏先
サトリ倉庫

WEB関連の技術で調査リクエストがあればご連絡ください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。